田島工業株式会社 公式サイト| 東京都千代田区 日立製品を取扱う特約店

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-10-16

東京都知事許可(特-26)第9064号

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちら

03-(3263)-0420

コンプレッサー

メンテナンス・省エネ

お客様が安心してコンプレッサーをご使用頂けますよう、数多くの経験と実績を駆使したサービススタッフがメンテナンス情報を発信しながらきめ細かな対応を行っております。また、お客様のニーズに合わせ環境・省エネの視点から最適なシステムもご提案させて頂いております。
予期せぬ不具合を未然に防ぎ、設計から施工までトータルエンジニアリングでお客様をサポート致します。

スクロール圧縮機整備

オイルフリースクロール圧縮機中間整備のため渦巻ブロック部の分解整備を行いました。

 

スクロール圧縮機はオーバーホール時にはブロックを一式で交換しますが

中間整備としてチップシール(渦巻の溝に沿って取り付けられているシール材)

の交換やグリース補給を行うことでよりブロックが長持ちします。

 

その他の消耗部品交換や清掃を行い作業完了です。

記入者:

E-19 ドライヤー異常停止

気温もだいぶ高くなり、そろそろこのトラブルが入ってくるのではと思っていました。
ドライヤー異常と吐出温度異常は外気温(吸込温度)が高くなるにつれて、発生リスクが高くなってきます。
ですが当日の外気温はせいぜい25℃。外気温のせいではないとすると何か。
そんなこと考えながら調査に向かいました。
一目で解かりましたが、原因はこれ。
ドライヤーのコンデンサー部がダストでびっしり目詰まりを起こしていました。詰まり具合をわかりやすくする為に
一部をエアーで清掃した写真になりますが、一目瞭然ですよね。
これでは性能を発揮するどころか、やはり故障の原因となってしまいます。全面をエアーで清掃し、動作に問題も
なく作業完了です。

記入者:サービス員

インバータ冷却ファン定期点検整備(新品交換作業)

OSP機・DSP機によって新品交換する年数時期は違いますが、交換時期を先延ばしたり継続使用しますと、
インバータの放熱フィンは間隔が狭いため、フィン部に粉塵が付着するとインバータの冷却能力が低下して、
平滑コンデンサーやパワー素子の寿命低下、部品不良の要因になります。
対応: 今回はメーカー推奨交換時期に基づき新品交換致しました。

記入者:サービス員

モニターE-17表示

モニターに、E-17(過負荷)と表示されており 調べた結果、ファンモーターに異常が見受けられ手回しした所、
重く・異音がした。 分解した結果ベアリングはシールドが剥がれボールがバラバラになっていた。
経年劣化による破損と思われる。
対応:負荷側・反負荷側のベアリングを新品交換して改善されました。

記入者:サービス員

小型圧縮機(べビコン)オイル交換

今回は、日立小型空気圧縮機給油式 べビコンを整備致しました。
整備内容は、オイル全量交換です。
オイル交換前、オイルに汚れが見受けられました。
汚れているオイルを継続使用致しますと、最悪劣化してピストンが
焼き付いてしまいます。
結果、オイルを新油に交換致しました、運転良好です

記入者:サービス員

ベビコン、簡易点検

今回は、ベビコンの簡易点検で吸入フィルターを交換致しました。
現場周辺は清潔で綺麗な場所なんですが、吸入フィルターを視ますと
ダストによる目詰まりが見受けられました。
コンプレッサーは周囲の空気(大気)を吸って圧縮する為
吸入フィルターにダストが付着しやすくなります。
250時間又は1カ月ごとに、点検清掃が必要ですね!

記入者:サービス員

クーラー清掃

こんにちわ。
先日はクーラーの清掃を実施してきました。
目詰まりがひどく、温度上昇を引き起こした一例です。
写真をみてもらえばわかると思いますが、この状態では
冷却水は流れないですよね。
清掃後は冷却能力も回復し、無事にお引渡しが出来ました。

記入者:サービス員

潤滑油の消費過大

スクリュー圧縮機を御利用のお客様で、潤滑油の消費が多いと感じる場合、オイルセパレーターエレメントの性能低下が原因と思われます。セパレーターエレメントは圧縮された空気とオイルを分離する重要な部品です。このセパレーターエレメントの性能が低下すると、分離効率が低下し、エアー側へオイルが流出してしまいます。したがって、オイルゲージで見た場合、油面が低下していく現象が見られます。

記入者:田島工業スタッフ

給油圧力低下

DSP機に起こる現象ですが、給油圧力が低下してしまうと異常停止してしまいます。一番多い原因の一つとして、ベルトのスリップにより給油圧力が低下してしまう事例です。ベルトの張力不足低下によりスリップ現象は発生しますが、Vプーリの磨耗やMシーブが磨耗していてもスリップは発生します。一見、給油圧力低下と言う言葉とは全く関係ないような箇所で発生することがあります。

記入者:田島工業スタッフ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス情報

詳細はこちら

【田島工業株式会社 本社 】

〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町3-10-16
  • 03-(3263)-0421(代表)
  • 03-(3263)-0420(汎用機Gr)
  • 03-(3263)-3035

【北関東支店】

〒323-0820
栃木県小山市西城南6-11-4
  • 0285-(38)-7531
  • 0285-(38)-7532

【埼玉営業所】

〒331-0822
埼玉県さいたま市北区奈良町10-1
  • 048-(651)-4361
  • 048-(667)-0491